MENU

居合道とは

What is Iaido

今から約450年以上も前に生まれた武道です。
そのはじまりは林崎甚助源重信公の抜刀術になります。

「居合(いあい)」という言葉は「居合わす(いあわす)」が語源とされており、「立合(たちあい)」に対しての言葉です。
「立合」とは、戦う者同士が距離をとり、刀を抜いた状態で向き合い、戦い始めるのを言います。言い換えれば、お互いに戦う準備(心構え・体勢)をした上での戦いです。
「居合」はこの逆で、『戦う準備をしていない状況で、敵に襲われた場合の術』になります。ですからその特徴は、刀が鞘に収まっている状態から抜刀(刀を抜く)して攻撃するところにあります。
『その場に居たまま(日常・平静)の状態にありながら、敵が打ちかかってくるのに応じて瞬時に抜刀し、これを倒す』ために『居合』と言われるようになったそうです。
古くは「抜刀」と書いて『いあい』と言っていたという説もあります。現在も「抜刀術(いあいじゅつ)」と呼ぶ流派もあるようです。

≫もっと読む

最新コンテンツ

お問い合わせ

居合だましいへのご質問はメールにてお問い合わせください。