居合だましい

MENU

◎居合の里 村山

林崎甚助重信公の故郷である林崎村は、今は山形県村山市になります。
ここは東に甑岳(こしきだけ)、西は葉山(はやま)という山に挟まれており、最上川が中央を流れる自然豊かな所です。
甑岳も葉山も、古くから山岳信仰の対象であり修験道の修行が行われていました。
甚助公も険しい山に入り、大明神沢に到り、神聖な場所で心身共に鍛えたのでしょう。
現在は甑岳にも葉山にも登山コースがあります。

◇居合道クラブ

居合の里らしく、村山市では居合が盛んです。
市内の楯岡小学校では、全国で唯一の「居合道クラブ」があります。
甚助公の遺した居合を引き継ぐべく、少年少女剣士たちが稽古に励んでいます。

◇全国各流居合道さくらんぼ大会

村山市の主催で毎年開催されている居合の大会です。
昭和56年から開催されたていた大会が現在の大会の前身で、平成18年第24回大会からは村山市が主催となり、「全国各流居合道さくらんぼ大会」が名称となりました。

甚助公は居合の始祖ですので、多くの剣士が演武されます。2016年の大会では全国各地から400名を超える参加者がありました。
一度に様々な型を見ることもできる大会です。
楯岡小学校の居合道クラブの演武もここで毎年披露されています。

  • ◇村山市名物 そば

  • ◇日本有数のバラの名所 村山市 バラ公園

  • ◇盛り上がります! 徳内まつりの様子